本文へジャンプ

人を輝かせ明日へ届くアークの光。三重県溶接協会 陸に海に空へ

申込書記入上の注意

以下の注意事項は申込書裏面にも記載があります。記入にあたっては十分目をとおしてください
また、溶接法によって申込書の色分けがされています(手=緑、半自動=茶,ステンレス鋼=青,石油工業=ピンク など)

記入例

日程について 申し込みの締め切り 申し込みの締め切りは受験日の約1ヶ月前です
受験希望日の記入 申込書の左上部分,[スタンプ赤枠]の欄に受験希望日を記入
受験者について 既得資格と現有資格 受験種目に関係した資格だけを記入
(例:C-2F・Pの受験申し込みにTN-F・Pの資格は関係なし)
本人の写真
(同じ2枚の写真が必要)
写真が適格性証明書(免許証)に取り込まれる
  • パスポートサイズ(縦45mm×横35mm)を厳守。背景は無地
  • 顔の大きさは申込書写真欄に黒い輪郭(縦27mm×横20mm)で表現された大きさを目安に
  • サングラス,帽子,眼をつむるなど表情不明では×
  • 一枚は後ほど届く受験票に貼る
印鑑 受験者・証明者ともに押印漏れに注意
実務経験年数(申込書最下段) 今までに溶接に従事した期間の合計年数
自営の方は、自分で証明できる     
(サーベイランスでは自己証明は不可)
受験種目について 初めて受験する場合、基本級は必須
  • 初めて(有効期限切れも含め)なら、最上段の下向き溶接=基本級 にをつける必要あり。同じ列の専門級も同時に受験できるが、基本級が不合格なら欠点が無くても専門級も不合格
  • 基本級と同じ列に示されるのがその種目の専門級。
     (例)→SA-2F・Vの資格保有者がSA-3Hの資格を取得したい場合、基本級SA-3Fが必須。
  • 基本級の有効期限が2ヶ月以上あれば、基本級を省略して専門級のみの受験ができる。
  • 再評価試験は期限前8ヶ月から2ヶ月の間に受験のこと
使用する溶接材料について 溶接棒,ワイヤーの銘柄
  • メーカー名ではなく,例えばB-14,LB-52U,TGS-308 MG-50,YM-26 などの”銘柄”を記入のこと.
  • 裏波溶接など,1層目と2層目以降の銘柄が異なる時は分けて記入する.
  • 組合せ溶接及びティグ溶接の場合は、1層目はティグ溶接棒(溶加材・棒)の銘柄を記入のこと.
規格の種類 溶接材料のJIS規格番号のことで、不明なら空欄のままでもかまわない。
ワイヤーの径 試験会場には1.2mm径のワイヤ用供給ロールが準備される。1.2mmと異なる径のワイヤーを使用して受験の場合は,会場準備の都合上,前もって協会に確認してから記入のこと。
シールドガスの要否
  • 半自動溶接では炭酸ガスが会場設備なので混合ガスを使用の場合も注意が必要。会場で準備できない場合には受験者が持参する必要がある。
  • チタン受験ではシールドガスが多量に必要なため,受験者がアルゴンガスボンベを持参のこと。
  • FT種の受験でアルゴンを使用する場合は,前もって申請して許可が必要。
通知先について 受験後の連絡先 受験結果の合否通知はもちろん,合格後の1年毎の定期審査(サーベイランス)や3年目前の再評価試験など 大切な案内が送付されるので、忘れずに連絡先を選ぶこと。

ページの先頭へ戻る